水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2012年6月

 




2012年9月
2012年6月
2012年3月
2012年2月




サブカテゴリ(ノーマル)
ノーマル




  • お問い合わせ
  • 水をつくるスタッフブログ

水をつくる社員ブログ 2012年6月

2012.06.28

 

    水処理サロン その3            
                   
  T : プラント設計担当 53才            
  E : 営業担当    42才            
                   
E 「今日は、自社でのユニット化した加圧浮上装置 RAFシリーズを教えて下さい。    
  この加圧浮上は、浮きますか?」            
T 「え~いきなり失礼な。浮くから浮上分離でしょう。」        
E 「じゃ、浮かなくて困った事がよくあるんですが、なぜなんでしょう。」      
T 「へ~以外と苦労してるんだ?」            
E 「それこそ、失礼ですよ(怒)」            
                   
T 「ごめん、ごめん。(笑)            
  まず、加圧水は空気の過飽和水を大気開放して、析出するマイクロエアー(微少気泡)の  
  浮力で、凝集フロックを浮上させるので、加圧水が発生しなければ、欠陥ユニットです。  
  ここまではいいですか?」            
                   
E 「ふむふむ、浮上槽水面が真っ白になるあれですね?」        
                   
T 「そうそう、で次に、加圧水の量の不足です。」        
                   
E 「でも、それは納入前に分析や実験で、確認しているのではないのですか?」    
                   
T 「凝集フロックを浮かす為に必要な加圧水量を決めるには、3つの要因があるんです。  
  その中で、見落としたことがあったんでしょうね?」        
                   
E 「まずは、SS量ですね?」            
                   
T 「その通り、浮かす対象の重量が解らなければ、話にならないからね。」    
                   
E 「後は・・・・解りません。」            
                   
T 「一つは、水温です。このサイト内のRAFユニットに性能表をアップしたので見て下さい。  
  水温5℃と35℃では、同量の析出空気を得るのに1.6倍の加圧水量が必要です。」  
                   
E 「かなり、差が大きいですね? それで、夏場は運転が難しいんですね?」    
                   
T 「はい。 で次は気固比です。 これは単純にフロック重量とマイクロエアーの重量比です。  
  加圧浮上のいい所は、浮く物でも沈む物でも分離する所にあります。」    
                   
E 「鉱物油を含む金属系廃水なんて、沈殿させられませんものね。沈殿槽水面ギラギラなんて  
  洒落になりませんよ。」            
                   
T 「そうそう、だから、同じ油(動植物油)を含む食品廃水の凝集フロック10kgを浮かす空気量では
  金属系廃水のSSは1kgしか浮きません。          
  ユニット化する時に、ここが一番悩んだんです。」        
                   
E 「廃水も特定せずに~m3/h処理と言ってしまう所ですね。」      
                   
T 「で、理解頂くように性能曲線を今回作成しました。営業のみんなによく言っといて下さい。  
  それから、最後に加圧浮上の欠点を克服する試みを今回のユニットでは取り入れました。」  
                   
E 「え、それってひょっとして・・・」            
                   
T 「あ~紙面がないので、続きはまた次回に・・・。」        
            - 次回へ続く -    
                   

 

 
Page Top