水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2012年9月

 




2012年10月
2012年9月
2012年6月
2012年3月
2012年2月




サブカテゴリ(ノーマル)
ノーマル




  • お問い合わせ
  • 水をつくるスタッフブログ

水をつくる社員ブログ 2012年9月

2012.09.15

 

    水処理サロン その4            
                   
  T : プラント設計担当 53才            
  A : 装置設計担当   43才            
                   
「ちょっと、この前作った苛性ソーダの自動希釈装置がおもしろかったので聞いてくれる?」  
                   
「はい、どうぞ」              
                   
T 「磁歪式で液面検知して、容積換算で自動希釈したんだけどけっこう難しくて・・・」  
                   
「ああ、希釈計算ですね。?」            
                   
T 「48%を、5%と24%に希釈するラインを作ったんだけど、換算式で自由に希釈濃度を変えられる
  ように、作りたかったんだけど、結局あきらめました。」        
                   
「48%を24%に希釈するのに単に容積で2倍するとだめですもんね。」    
                   
T 「うん、それだと計算すると28.9%になるし、最終濃度誤差が濃度に対して1%だったので  
  23.8~24.2%にしないといけなかったんです。」        
                   
「そうか・・重量換算だから、容積制御の時点で難しいですね。」      
                   
「それに、工程として水張り→休止→薬品添加→撹拌→休止→放出の自動工程だったんだけど
  確実に1回目の休止と2回目の休止間に、容積が減っていました。」      
                   
「かなり発熱もしていて、膨張するようにも思うけど、減るんですか?」    
                   
T 「希釈槽は、密閉構造なので見られないけれど、磁歪式の分解精度内で確かに減量しましたね。」
                   
「なぜでしょうか?」              
                   
「水1とメタノール1を混ぜると、2より少なくなる現象があるでしょ。」      
                   
「ああ、分子量の差で物理的に減るんですね。大豆1Lと米1L足しても2Lになりませんってやつ?」
                   
「水とメタノールなら、理解できるけど、苛性ソーダで分子量がそんなに違うのかな?  
  希釈水がただの工水だったので、純水ですると違ったのかも知れないね?    
  ま、その辺はもっとレベルの高い人の意見を聞いてみましょう。」      
                   
「で、最後はどうなったのですか?」          
                   
「結局最後は、切りのいい濃度だけに切り換えられるようにして1:1で比重を呼び込んで換算して
  希釈する内容としました。」            
                   
「それで検収は、上がったのですか?」          
                   
「2回目の比重測定で、納める事が出来ました。」        
                   
「苛性ソーダって結構やっかいですね。」          
                   
「そうだね、次回は苛性ソーダの潜熱と凍結に関してやりますか?」      
                   
「え~このコーナー続く事が、あるんですか~ <ビックリ>」      
                   
            - 次回へ続く -    
                   

 

 
Page Top