水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2012年10月

 




2012年12月
2012年10月
2012年9月
2012年6月
2012年3月
2012年2月




サブカテゴリ(ノーマル)
ノーマル




  • お問い合わせ
  • 水をつくるスタッフブログ

水をつくる社員ブログ 2012年10月

水処理サロン その5 2012.10.31

 

    水処理サロン その5            
                   
  T : プラント設計担当 53才            
  H : 技術担当    32才            
                   
H 「Tさん、新設の曝気槽で酸素の溶解効率計ったら、低い値が出てしまったんですけど・・・?」
                   
T 「何ton水槽?」 H  「100tonです。」        
                   
T 「大きい水槽だね~。DO計は、何台使ったの?」        
                   
H 「えっ、1台だけですけど、ダメだったですか?」        
                   
T 「どこを測定点にしたの?」            
                   
H 「水面近くを計ったんですが・・」            
                   
T 「亜硫酸ソーダ等で、水槽を還元してゼロDO状態を造るのは簡単だけど、それは過剰添加で
  作っているので、DO上昇=酸素溶解量ではなくて、そこにまだ未反応の亜硫酸ソーダの  
  酸素消費量を足さないと溶解効率は出ないよ。」        
                   
H 「そういえば、理論量の3倍亜硫酸ソーダを添加して無酸素状態を作りました。    
  でも、テーブルテストでは、亜硫酸ソーダの酸化が終わらないとDOは、上昇しないじゃないですか?」
                   
T 「・・・1Lのビーカーと100tonの水槽をいっしょにしちゃったのね?」      
                   
「そんなに違う物ですか?」            
                   
T 「テーブルテストと実機の性能が同じというのは、ありえないよ。この場合は撹拌効率の差ですね。」
                   
「じゃ、DOと同時に酸素の消費速度も測っておけば良かったんですか?」    
                   
T 「ん~、還元剤はどんどん無くなるので、消費速度も落ちていくから、一様に計るのは余計難しいね。
  種汚泥を入れて実運転でもう一度計ったらどうです?」        
                   
「そんなことが出来るのですか?」          
                   
T 「もちろん、還元剤や曝気停止して溶解効率を図るんじゃなくて、一定の状態を測定する方法で」
                   
「難しそうですね?」              
                   
T 「生物の呼吸速度は短期間では一様一定なので、一定の空気量で曝気した時のDO分布を測定すると
  100ton水槽に溶けている酸素重量が出るでしょ?」        
                   
「はい、それは解ります。それで、DO計が1台では、全体の把握が出来ないと言うことか・・」  
                   
「後、その状態の酸素飽和濃度を計れば、酸素統括移動係数が出るので    
  おおよその溶解効率は出ますよ。」          
                   
「おおよそなんですか?」            
                   
「この測定方法の欠陥は、酸素濃度が50%でないと、正確な移動係数が出ない所にあるので、
  H君の測定方法も、どちらも、一長一短だね。 じゃ~次はもっといい方法を紹介しよう。」  
                   
「え~、また、中途半端ですか!!」          
            - 次回へ続く -    
                   

 

 
Page Top