水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2012年12月

 




2013年1月
2012年12月
2012年10月
2012年9月
2012年6月
2012年3月
2012年2月




サブカテゴリ(ノーマル)
ノーマル




  • お問い合わせ
  • 水をつくるスタッフブログ

水をつくる社員ブログ 2012年12月

2012.12.29

 

    水処理サロン その7            
                   
  T : プラント設計担当 53才            
  A : 装置設計担当   43才            
                   
A 「本年最後の更新です。がんばって下さい。」          
                   
T 「は~い。なので、得意な活性汚泥の膜分離の話を行きます。      
  私、自慢じゃないですがMBR 40現場以上、設計施工していて、」      
                   
A 「はい、そこまで早く本題行きましょう。」          
                   
T 「ぇ・・あぁ・・・」              
                   
A  「やっぱり閉塞問題ですか?」            
                   
T 「そうですね。皆さん何故詰まらないのか?と思われているようですが、詰まらないのではなくて
   一定以上には、閉塞が進行しないと、言う方が正しいです。」      
                   
A 「そりゃ、またなぜ?」              
                   
T 「閉塞の成分がほとんど有機物なので、生分解を受けるからです。      
   とは、言うもののMLVSSの標準値が85%位なので、閉塞物中にも15%の無機は存在します。」
                   
A 「で、定期的な洗浄となるのですね?」          
                   
T 「はい、有機物については次亜塩素酸ソーダを、無機物については有機酸を使用します。」  
                   
A 「洗浄頻度は、どんな物でしょうか?」          
                   
T 「これは、現場によって違います。ただ、この処理方法の場合、膜を通せば何でも処理が、  
   出来るのではなく、分解率の高い良好な活性汚泥処理では閉塞が起こりにくいので、やはり、
   活性汚泥の設計が、よくできていないと洗浄頻度は高くなります。」      
                   
A 「2種類の洗浄剤を使用する意味は、どうゆうことですか?」      
                   
T 「仮に、スポンジが有機物で出来ていて、内部の空間にカルシウムが詰まっている閉塞状態が
   あったとします。   この場合、次亜で洗浄すれば、空間にあるカルシウムの閉塞も大部分が
   除去されます。」              
                   
「構造が潰れて、溶けなくても排出されてしまいますね。」        
                   
「ただ、膜表面に付着するカルシウムは、残ってしまうので定期的に酸洗浄が必要となります。」
                   
A 「次亜で3回洗浄したら、1回酸洗浄を挟むとかですか?」      
                   
「はい、膜負圧の変化、回復の度合い、洗浄排水の成分分析等で試行錯誤して決定します。」  
    ただ、硫酸カルシウムは酸でも溶けないので、EDTAを使ったりします。」    
                   
「高価な洗浄になりますね?クエン酸なんかもキレート効果あるようですが無理なんですか?」
                   
「効果無し、メーカー推奨無視した塩酸濃度でも、効果無しです。」      
                   
「へ~・・・後、閉塞物質で代謝成分 ’SMP’って聞いたんですが、これはなんですか?」  
                   
「え、そんな事まで知ってるの? じゃ次回その話でも・・・・皆様良いお年を~」    
                   
            - 次回へ続くかも? -  

 

2012.12.14

 

    水処理サロン その6            
                   
  T : プラント設計担当 53才            
  A : 装置設計担当   43才            
                   
A 「苛性ソーダの続きの話は、どうなったんですか?」        
                   
T 「ん?」   A  「ほら、前々回の続き・・・」      
                   
T 「ああ・・・」              
                   
A  「閲覧者からクレーム来ないですか?いつも話し中途半端だし・・・」      
                   
T 「誰も読んでないんじゃない?」 A.T 「・・・・・・・・・・・・」      
                   
                   
T 「苛性ソーダの希釈時に発熱する話から始めます。濃度により固有の潜熱量があってその差が
  発熱量に変わります。その熱量と希釈水の熱量を足せば希釈終了時の液温度が出ます。」  
                   
A 「フレークや粒状の固体苛性ソーダは、PVCタンクで溶解できませんね。」    
                   
T 「はい、100%→24%では、50℃程度上昇するので元液温が20℃でもPVCの耐熱60℃を
  越えてしまいます。」              
                   
A 「では、次は凍結について語ってみ」          
                   
T 「30%までは凍結と言っていいですが、それ以上は凍結ではなく結晶化です。」    
                   
A 「48%だと結晶なんですか?」            
                   
T 「はい、だから凝固点は、24%で-12℃ですが、30%から0℃を越えてここから水和物の  
  結晶になります。」              
                   
「不純物による凝固点降下で24%が一番凍結点が低いという事ですか?」    
                   
「工業用では、そうですね。実際は20%程度が最低温度で、-25℃位です。」    
                   
「で、0℃以上では結晶化するんですね?」          
                   
「はい、なので凍結温度ではなく固相平衡温度って、呼びます。      
  それに、一度37~8%で16℃に上昇するのですが、45~6%でまた固化温度が一度下がって
  8℃になり、その後また温度上昇します。」          
                   
「なんでそんなに複雑な曲線になるのでしょう?」        
                   
「水和物結晶は、無水塩~2水塩に結晶化するので、48%付近の濃度で2水塩で濃度平衡が
  取れて9℃に落ち着きます。だから、結晶化した場合、温度を上げてもなかなか復旧しません。」
                   
「もし、固まっちゃったらどうするんですか?」          
                   
「すぐに仮設を準備して、春まで待つか・・・・もう一つは、またの機会にでも・・・」    
                   
「え~、また、中途半端ですか!!!!」          
                   
            - 次回へ続く -    
                   
                   

 

 
Page Top