水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2013年1月

 

水をつくる社員ブログ 2013年1月

2013.01.31

 

    水処理サロン その8            
                   
  T : プラント設計担当 53才            
  E : 営業担当      42才            
                   
E 「有機物の分析方法について質問します。」          
                   
T 「いきなりやね。 ←このフレーズ、評判いいの知ってる?」      
                   
E 「・・・・・・まず、よく聞くBOD、CODについて教えて下さい。」      
                   
T 「(無視かよ!) どちらも酸素の消費量で、有機物の相対的重量を表す指標です。」  
                   
E 「え?相対的?単位は、mg/Lですけど、何かを計っているのではないのですか?」  
                   
T 「有機物を分解する時に消費した酸素重量で、有機物量を間接的に計っています。  
   BODは、生物が分解に利用した酸素量、CODは、酸化分解に消費した酸化剤中の酸素量です。」
                   
E 「それで、BODがバイオで、CODはケミカルですか。でもだいぶ数値が、同じ水でも変わりますね。」
                   
T 「組成によりますね。分解可能でも生物的阻害があってBODが計れなかったり、アルコールや
   有機酸等は、BOD出るけど、COD出なかったりします。」      
                   
E 「原水は、BODが高くてCODが低く、処理水は逆だったりするのは、そのせいですか?」  
                   
T 「もちろん、生物処理した場合は、BODでカウントする有機物が処理対象ですから、その傾向です。」
                   
E 「へー。でもこの前、生物処理水で、すごくきれいなのに、BOD高かったんですけど?」  
                   
T 「たぶん、硝化反応で酸素消費されたのではないかな?硝化菌の活性阻害するアリルチオ尿素
   入れて、測定すれば真値が出ますよ。これは、測定法で定められていますから。」  
                   
E 「ふーん、で、分解処理すると絶対、有機物量は下がりますよね?」      
                   
T 「それ難しい質問です。」   E 「え~何故ですか?」    
                   
T 「全有機物の酸化の割合というか・・・そもそも、BODは5日間、CODは30分と酸化時間が、  
   決められている事に問題があります。 BODの酸素消費を曲線で20日間、計り続けると  
   有機物の多くは、大部分が酸化されて、酸素消費が止まります。」      
                   
E 「それが、真のBODということですか?」          
                   
「ん~、それも違うんですけど・・・ 例えば、高分子の酸化されにくい有機物が、分解の過程で酸化
   されやすくなったとします。すると、酸化速度が速くなるので、5日間で酸化する量が増えて、
   BOD値が高くなります。」            
                   
E 「処理は進んでいるのに、BODやCODは高くなる事があると?」      
                   
T 「そうですね。一般的にあります。だから、未知の水については、客先から情報をたくさん聞かないと
   設計できません。 その他に、TOCやTODや、COD(Cr)等、情報が多いと組成が特定できなくても
   想像が出来ますから。」            
                   
E 「ん~~、やっぱり難しいので、客先には必ず同行して下さいね。」      
                   
T 「ん~~、ん~~  60Hz圏内???」   E 「????」    
                   
            - 次回へ続く  -    

 

 
Page Top