水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2013年2月

 

水をつくる社員ブログ 2013年2月

2013.02.24

 

    水処理サロン その9            
                   
  T : プラント設計担当 53才            
  E : 営業担当      42才            
                   
E 「設計のランニングコストが、他社と較べて高いってクレーム来てるので、訂正して下さい。」  
                   
T 「どの物件かなー?」              
                   
E 「凝集の加圧浮上ユニットですけど。」          
                   
T 「他社は、凝集剤何使ってるの?」          
                   
E 「みんな同じPACですけど・・・・・何か?」          
                   
T 「じゃあ、薬品の添加量や汚泥の発生量で、ランニング勝負してこちらの設計がまずいと  
   言う事なの?」              
                   
E 「ええ、施主はメーカー決定でランニング重視しているらしいですから。」    
                   
T 「ふーん、もちろん薬品を入れ過ぎて除去率が最大になっているにもかかわらず、余分に薬品添加
   すると、汚泥の発生量が増えるだけで、無駄でしかないからねぇ。」      
                   
E 「だから、書き換えて下さい。」            
                   
T 「じゃ、薬品注入量ゼロで、汚泥発生量ゼロにして、再提出しよう。」      
                   
E 「おお~いいですね。 って、それ全く除去してないんじゃないですか?」    
                   
T 「はい、除去率ゼロで、処理水は原水と同じ水質です。」        
                   
E 「そんなの、出したら出入り禁止になりますよ。」        
                   
T 「同じ排水に、同じ薬品を添加して、最大の除去効率を得た時の、薬品添加量や汚泥発生量は
   誰がやっても、同じになるよ。」            
                   
E 「じゃ、他社の薬注量が少なすぎると言うことですか?」        
                   
T 「それは、実験してみないと解らないし、実験した所で平均的水質かどうかもスポットサンプルでは、
   わからないな~。」              
                   
E 「どうしましょ?」              
                   
T 「お客さんに納得してもらうのが、いいと思うけど・・・・仮に処理の方法や、薬品が違えばもちろん
   ラン二ングコストは変わってくるので、重視してもいいんだけど、今回はね~。    
                   
E 「言っている事は、理解できますが、営業の身にもなって下さいよ。」      
                   
T 「・・・じゃ、仮に他社は少なすぎて、弊社は多すぎたとする。で他社が選定されて、実機では  
   ランニングが高くなり、問題になるとする・・・」        
                   
E 「それも、問題ですけど、他社に負けてる時点でダメじゃないですか・・・・・」    
                   
T 「それも、そうですね。」   E  「??? (泣)」      
                   
            - 次回へ続かない  -  

 

 
Page Top