水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2013年3月

 

水をつくる社員ブログ 2013年3月

2013.03.24

 

    水処理サロン その10          
                   
  T : プラント設計担当 53才            
  E : 営業担当      42才            
                   
E 「前に苛性ソーダ教わったので、消石灰も教えて下さい。」      
                   
T 「はい、はーい。」              
                   
E 「水処理では苛性ソーダと同じ用途で使いますよね。」        
                   
T 「pH調整用のアルカリ剤という意味では、同じです。」        
                   
E 「他の意味があるのですか?」            
                   
T 「水酸化カルシウムですから水酸基はアルカリ剤ですが、カルシウムは凝集フロックの核になったり
   脱水工程での離水性の向上や含水率の低下の為に使用します。」      
                   
E 「それで、使いにくいのにわざわざ使っているんですね。」        
                   
T 「そうですね。スラリーなので常に撹拌が必要ですし、ダイヤフラムポンプは使えないので  
   定量注入にはイニシャルコストがかかるので、ループ配管で配管内の停滞沈殿を防いだりします。
   装置休止前の、配管内の自動洗浄+水置換なんてのもやりますね。」    
                   
E 「それでも、メリットがあると?」            
                   
T 「硫酸根が共存すると石膏が出来たり、共沈効果が大きくなったりするので、外せない・・・・・
    と、思うでしょ?」              
                   
E 「出ました。思わせぶりな言い方ですね~?」          
                   
T 「はい、そもそも必要な水酸基とカルシウムの重量比が34:40なんて偶然あると思います?」
                   
E 「今一、意味がわかりませんが、どういう事ですか?」        
                   
T 「例えば、アルミナ凝沈でpHは中性になっているのに、まだカルシウムが欲しくて消石灰を追加
   すると酸も必要になるでしょ。」            
                   
E 「ああ、そうなると、その逆の場合もあると言う事ですね。」      
                   
T 「おお、今日はいつになく切れますね~。」   E 「・・・怒。」    
                   
「どうしましょ?」   E 「アルカリとカルシウムを分けるとか・・」    
                   
T 「おお、今日は冴えまくりですね~、技術に転職します?」      
                   
E 「もう、いい加減にして下さい。 もったいぶらずに、添加薬剤を教えて下さい。」    
                   
T 「はーい、それは苛性ソーダと塩化カルシウムです。塩化カルシウムは工業用35%溶液だと石灰
   10%スラリーの2.3倍もCaが含まれています。 それに、なんと無色透明溶液です。」  
                   
E 「お~現場も汚れないし、ダイヤフラムポンプも使えるんですね?ランニングコストどうなんです?」
                   
T 「自分で計算してくださ~い。」   E  「また、途中投げかよ??? (泣)」  
                   
            - 次回へ続く  -    
                   

 

 
Page Top