水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2013年4月

 

水をつくる社員ブログ 2013年4月

2013.04.30

 

    水処理サロン その11          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  A : 装置設計担当    42才            
                   
A 「その8のBODの時にBODが高くてって話ありましたよね。今回、その逆なんですけど・・・」  
                   
T 「どの程度ですか?」              
                   
A 「凝集+活性汚泥+急速ろ過処理で、BOD一桁なのに、CODは6~70ppmあるんですけど?」
                   
T 「う~ん、活性炭使うには、ちょっと濃すぎるな~」        
                   
「でしょう。うちの活性炭吸着塔なら、1ヶ月持たないですよ、きっと。」    
                   
T 「カラムでは、活性炭重量の10%程度CODを吸着するけど、実機は7%くらいかな~?」  
                   
「ええ、で、どうすればいいんでしょうか?」          
                   
T 「ピーマン好きですか?」 A 「出ました~。いきなりやね。大っきらいです。胡瓜もですけど・・」
                   
「じゃぁ、お母さんが、ピーマン食べないと、ハンバーグ食べさせませんって言ったら?」  
                   
「そりゃ、ちょっとは食べますけど・・・・何の関係があるんですか?」      
                   
「BODは生分解されやすいハンバーグで、CODは嫌われ者のピーマンですよ。」  
                   
「???」     T 「COD残ったら、BODを追加して再処理、3次処理やね。」
                   
「あ~なるほど、もう一度、原水を足して再処理ですか?」      
                   
T 「それまた、ピーマン増えてるがな~。BOD/CODが大きな有機系の栄養剤がいります。」  
                   
「じゃ、CODのために2段階の生物処理をしないといけないと言う事か・・・」    
                   
T 「一段でも可能ですよ。従来の浮遊型の循環活性汚泥なら1種類の菌でハンバーグも  
   ピーマンも食べないといけないでしょ。 そんな菌なら、最初から2段にする必要もないわけだし。」
                   
「流動担体ですか?」   T 「ファイナルアンサー?・・・・・・・・・正解です。」  
                   
T 「各曝気槽に、それぞれの菌が固定されれば、同じ処理時間で、同じ負荷でも処理効率は向上します。」
                   
「流行ってるだけではなくて、そういう有用性があるんですね?」      
                   
T 「そうですね、膜分離型で通常では繁殖しにくく、優占種に成り得ない菌が、長いSRTの中で
   増殖する可能性もあるんですが、これは、やってみないと解らない所が、アピールしにくいです。」
                   
「ちょっと、流動担体はおもしろそうなので、連載しません?」      
                   
T 「いいですね~、そうしましょうか。 胡瓜、食べられるようになったらね。」    
                   
「ピーマンじゃ、だめですか~(泣)」          
                   
            - 次回へ続くかも  -  
                   
                   
                   

 

 
Page Top