水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2013年5月

 

水をつくる社員ブログ 2013年5月

2013.05.28

 

    水処理サロン その12          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  A : 装置設計担当    43才            
                   
A 「流動担体の続きですよ~」            
                   
T 「は~い、判りました。」            
                   
A 「流動担体でないと、処理できないなんて有機物はあるんですか?」      
                   
T 「結局は、生物処理なんだし、容積と動力さえ使えば、流動担体でなくても大丈夫でしょうね。」
                   
「何か、これは流動担体でないとって、話はないのですか?」      
                   
T 「じゃ、プロピレングリコール(PG)とジエチレングリコール(DEG)というのが、ありました。」  
                   
「ああ、現場判りますよ~」            
                   
T 「それで、PGのBOD5/TOCの比は0.7、BOD5/CODMnの比は1.25でした。」  
                   
「それ、分解に問題なさそうですね?」          
                   
「そうですね。ただ、もう一方のDEGは、BOD5/TOCもBOD5/CODMnも0.01以下でした。」
                   
「そりゃ、生物処理無理ですね?」          
                   
「ところがDEGのBOD曲線を計ったら、4~6日目までは呼吸停止しているのに、12日目から、
   爆発的に酸素消費が始まり、20日目にはTOCの85%まで酸化が進みました。」  
                   
「馴養された菌が、12日目から活動し始めただけではないのですか?」    
                   
T 「確かに馴養した汚泥を使えば、BODも高く出るでしょうけれど、標準殖種で測定する所に、  
   BODの本来の意味があると思います。 この指標が生物処理の難しさを表しています。」  
                   
「で、処理の方はどうしたのですか?」          
                   
T 「PGとDEGの排水中の重量比からTOC換算して、尚かつDEG負荷はPGの数倍として  
   負荷計算をしました。            
   それに、流動担体槽を4槽に分割して処理を行いました。」      
                   
「で、結果は?」   T 「そりゃ、うまくいってますよ~。」    
                   
「他に、印象に残っているのはTMAHて、知ってる?  テトラメチルアンモ~~・・・ 」  
                   
「知らんのんか~。 それがどうしました。」          
                   
「これは、報文にはどれも分解可能とか、分解性良って書いてあるんだけど、私の感じでは  
   分解途中の中間生成物が、初期分解する菌には活性阻害しているように思っているんですが・・」
                   
「ま、難しい話しすぎるね。 ただ、そういう時にも流動担体の水槽分割が効果があると・・・」  
                   
「そうですね、胡瓜ぎらいは治りそうに無いですけどね・・・・・・」      
                   
            - 次回へまたまた続くかも  -  
                   
                   

 

 
Page Top