水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2013年6月

 

水をつくる社員ブログ 2013年6月

2013.06.20

 

    水処理サロン その13          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  A : 装置設計担当    43才            
                   
A 「流動担体のシリーズになって、俄然連載感が出てきましたね~。」      
                   
T 「うん、文章もこなれて来たって感じか~。」          
                   
A 「(相変わらずの自賛癖) ところで流動担体の種類って、どんなのがあるんですか?」  
                   
T 「そういえば、流動担体の分類って見た事無いので、独自でやってみましょうかね。」  
                   
「形状で分けましょう。」            
                   
T 「その前に、逆洗工程が無く、常時余剰汚泥が排出されるところが、流動担体の特徴なんだけど
   半固定式で、揺れながら同じような効果のある接触材もあるんだけど、どうしようか?」  
                   
「それは、流動かな?担体って感じでもないし、除外しましょう。」      
                   
T 「じゃあ、本当に浮遊流動するものに限ってみましょうか。        
   まず、形状では弊社でも採用しているスポンジ状のキューブ型のものですね。    
   最近は、汚泥の付きが良いので流行っているようですが、素材の強度が足りない物が  
   多いようです。 ポリオレフィンなんか難分解性なので強いはずですが、水槽内面は防水  
   モルタルじゃなく、塗布防水若しくは高価にFRPライニングが理想です。」    
                   
「担体が高価なのに、そんな仕様じゃ、売れそうにないですね。」      
                   
「これを、キューブ型としますか。ま、年間消耗率5%以下でないと使えないですね・・・・。」  
                   
「もっと、強い物はないのですか?」          
                   
T 「一世代前のプラスチック系の表面積タイプは強いですね。もともと接触充填材を比重調整して
   旋回流に乗るようにしたんですが、当初の複雑な形状から、チューブ状に成形した物に、  
   淘汰されているようです。比較的安価ですね。」        
                   
「汚泥の付きをよくする為に、表面をデコボコにしたり、炭素を練り込んだりしてますね。」  
                   
T 「それでもスポンジ型と較べて、汚泥の付きも体積当たりの保有汚泥重量も少ないと思います。
   これは、チューブ型としますか。」            
                   
「後、最近みなくなりましたが、繊維状の担体ってありましたよね。」      
                   
「はいはい、今でもあるのかな~? 昔はよく使っていましたがキューブ型の前身的な商品です。
   高価なわりに、繊維がほぐれたり、抜けたりと言ったトラブルはありましたね。    
   このタイプは、繊維型でいいですね。」          
                   
「最後に、あれどうですかゲ×型。」          
                   
「はい、それはその名称で行きましょう~。」          
                   
「えっ、これは解説無いんですか?」          
                   
「・・・それ、解説するの・・・それもう、社名言ってるようなもんよ。画期的な担体で、良い商品です。」
                   
「なんだか???」              
            - 次回へまたまた続くかも  -  

 

 
Page Top