水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2013年8月

 

水をつくる社員ブログ 2013年8月

2013.08.23

 

    水処理サロン その15          
                   
  T : プラント設計担当 53才            
  A : 装置設計担当   43才            
                   
T 「8月は、終戦記念月なので、水処理から離れていいですか?」      
                   
A 「え、前回Rrやるって言ってましたよ~、いつも通りの好き放題ですね。」    
                   
T 「はい~~戦艦大和と水についてです。」   A 「やっぱり、そっちか・・・・」  
                   
T 「まずは、大和の動力源は、何でしょうか?」          
                   
A 「そりゃ、ボイラーとタービンでしょ。ディーゼルじゃなく。」        
                   
T 「お、やるね~。ディーゼル案もあったらしいですが、平賀中将が信頼性で蒸気タービンに、  
   しちゃいました。 次に主砲の46センチ砲の、旋回や不仰角の動力源は何でしょう?」  
                   
A 「そりゃ、油圧シリンダーと油圧ポンプ、電動モーターでしょ。」      
                   
T 「これは、水処理サロンですよ・・水、水  答えは水圧シリンダーと水圧原動機です。」  
                   
A 「へ~へ~へ~ 3へ~あげましょう。」          
                   
T 「艦の発電機は、8基あり4800kWの発電能力があったのですが、主砲塔内は動力用の225Vと
   照明用の100Vは使用されず、計器用の50Vと25Vだけが使用されていたようです。」  
                   
A 「そうか、今で言う防爆仕様か~。ふーん、その水圧ラインの循環水はどうしてたんでしょうか?」
                   
T 「そうそう、そこです。ボイラーがあるので、軟水器くらいはあるのかな?と思い調べると  
   純水装置というのはあるのですが、これは蒸留装置のようです。 まだ、イオン交換は  
   なかったのでしょうか?」            
                   
「工業用のイオン交換樹脂生産開始の1938年は、昭和13年ですよ。」    
                   
「大和の起工式は昭和12年なんで、軟水器はなかったんでしょうね。」    
                   
A 「水は海水から作っていたんでしょうか?」          
                   
「だから、そりゃ、現代の原子力潜水艦でしょ。 原動用水タンクだけでも500tonの水を  
   積んでたみたいです。」            
                   
「じゃあ、蒸留装置も補給水用でしょうね?海水からだと大変だ。      
   どちらにしても、そんな物の設計や建造に携わった人は、すごいですね~」    
                   
「尊敬しますね。 堀越二郎の次に尊敬しますね。」        
                   
「え、2番目に尊敬するんですか?」          
                   
「いや、三菱の堀越二郎、中島の小山悌、川西の菊原静夫、川崎の土井武雄の次かな?」  
                   
A 「・・・・な~んか、変な人っぽいんですけど・・・・」        
                   
「魚雷の愛甲大佐も、捨てがたいな・・・・」          
                   
            - 次回へは続きません -  
                   

 

2013.08.01

 

    水処理サロン その14          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  A : 装置設計担当    43才            
                   
A 「流動担体シリーズ長編化してますね。」          
                   
T 「はい、ありがとうございます。」            
                   
A 「他に書くことなくなったとか?」            
                   
T 「・・・ それでは、担体の評価について、少し話しましょう。(無視無視)」    
                   
A 「そりゃ、汚泥重量でしょ? 単位容積当たりの保有汚泥重量!」      
                   
T 「はい、どうやって計りましょうか?」          
                   
A 「担体の乾燥重量から、新品の乾燥重量を引けば、汚泥重量が出るじゃないですか。」  
                   
T 「そうですね。MLSSはそれでOKとしましょう。じゃ、MLVSSは?」      
                   
A 「乾燥した担体をマックル炉に放り込んで」   T 「はい、放り込んで燃しちゃいました~。」
                   
A 「担体、燃えちゃってます?」   T 「燃えちゃってるでしょうね。」    
                   
A 「じゃ、いつもの呼吸速度計りましょうよ。」          
                   
T 「そうですね、呼吸速度を測れば性能を数値で直接比較する事が出来ます。    
   例えば、2槽並べて、2種類の担体を比較するよりも、1槽に2種類混合して処理実験してもいいね。」
                   
A 「で、どうするんですか?」            
                   
T 「まず、サンプルを採る、で担体を手作業で分ける。」 A 「それ手間ですね~。」  
                   
T 「マニアックでしょ。それから、充填容量に混合液でメスアップして、Rrを測定。」    
                   
A 「あ~そこから、混合液だけの呼吸速度を引けば、担体だけのRrが出ますね。」    
                   
T 「とある担体メーカーにサンプルを送って評価をしてもらった時に、MPN法で菌数カウントして  
   充分の菌体保有が確認されました。と、返事がありました。でも、それって・・・・」  
                   
A 「菌ならなんでもいいのかよって感じですね。」        
                   
T 「これなら、呼吸速度測る方がまっしでしょ。それに、2槽処理で比較しても、負荷は、環境は、条件は、
   検証はって、なってくると余計難しくなるからね。」        
                   
A 「なるほどね~  よくRr:呼吸速度って出てきますけど、そろそろ測り方を教えてくれませんか?」
                   
T 「いいですね~次回は、それやりましょうか?気が変わらなければ・・・・・。」    
                   
A 「はぁ~・・・・・」                
                   
            - 次回へ続く可能性が高い  -
                   

 

 
Page Top