水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2013年9月

 

水をつくる社員ブログ 2013年9月

2013.09.30

 

    水処理サロン その16          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  A : 装置設計担当    43才            
                   
A 「ちょっと、飛びましたけど、呼吸速度の測り方しましょうよ?」      
                   
T 「いえ、Rr測定法の話し、します。」 A  ((だ・か・ら~))      
                   
A 「はい、はい、いきましょう~」            
                   
T 「Rr、好気性生物の呼吸の速度=水中の溶存酸素濃度の低下速度を測定します。」  
                   
A 「それで、単位はmg-O2/L・hrなんですね。」        
                   
T 「はい、それに良好な活性汚泥程、その時間当たりの低下量をグラフにすると直線に乗ります。」
                   
A 「曲線になる時もあるんですね。」            
                   
T 「はい、曝気槽の入り口などはRrは高いのが通常ですが、原水槽や流量調整槽が腐敗していると
    還元物質の影響で、曲線になったりします。」        
                   
A 「では、測り方の解説を・・・」            
                   
T 「まず、曝気槽混合液をサンプリングして、1Lのシリンダーに分割し、金魚のブロワーで曝気します。」
                    
A 「時間はどのくらいでしょう?。」   T  「まずは、1分程度でいいでしょう。」  
                   
T 「で、素早く、なめらかに300cc広口フラスコに流し込みあふれさせます。」    
                   
「300ccでないとダメなんですか?」          
                   
「密閉されていれば、300ccでも10Lでも、同じ結果となるので、やりやすい大きさを選んで下さい。」
                   
A 「手が、べとべとになりますよ?」   T  「はい、気にしません。」    
                   
T 「そして、DOセンサーでフラスコをカンカンたたいて、微細な気泡を浮かせます。」  
                   
「え~センサーでたたくんですか?」 T  「はい、手がふさがってますから。」  
                   
T 「そして、静かにDOセンサーを差し込みます。この時ももちろん、混合液はあふれます。  
   少しでも、フラスコ内の気泡が残ると、DOの下がりが遅くなります。 また、あらかじめセンサーと
   フラスコの口が密閉できるよう、ゴム栓かテープで調整しておいて下さい。」     
                   
A 「そして、スターラにかけて、DOの下がりを記録するわけですね。」      
                   
T 「はい、時間当たりのDOの減少記録でも、一定DO当たりの経過時間でもどちらでも同じです。」
                   
A 「あっ、思い出した。カンカンたたくのって、BODの時のフラン瓶を共栓でたたくのと同じですね。」
                   
T 「へ~あなた、何でも知ってますね。環境計量士さんですか?」      
                   
A 「え・・・ばれました?」     T  「お見それしました。は、は~」  
                   
            - 次回へ続かない  -  
                   
                   

 

 
Page Top