水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2013年10月

 

水をつくる社員ブログ 2013年10月

2013.10.24

 

    水処理サロン その17          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  A : 装置設計担当    43才            
                   
A 「フェントン処理って、知ってますか?」          
                   
T 「もちろん、フェントン博士に何言ってるんですか?」        
                   
A 「ちょっと話が出て、高濃度有機排水をフェントン分解しようという計画があるんですが・・・」  
                   
T 「以前に、COD-Mnで50→20ppmにする3次処理設備を納入したんですが、結構苦労しました。」
                   
A 「何か問題でも?」              
                   
T 「フェントン処理は、硫酸一鉄を触媒にして加水から生じる水酸基ラジカルの連鎖反応で、有機物を
   切断して、CODを削減します。            
   私3日間、ぶっ続けで現場で、条件を変えてNODをやり続けたんです。」    
                   
A 「NODって、なんですか?」            
                   
T 「あっ、知らない? 鍋でやるCOD-Mnで、ナベオーディーと呼びます。」    
                    
A 「(また、始まったよ) 勝手に言ってるだけでしょ。」   T  「はい。^^」  
                   
T 「でも、考えてみて下さい。pHを6条件、加水濃度を6条件、鉄濃度を4条件の組み合わせを3日間で
    やったんですから・・・分析にも出せないし、自分でするしかないでしょ?」    
                   
「で、どうだったんですか?」            
                   
「pHは低い方が、いいようだけど不経済なので3.5位で安定処理できてましたね。  
    加水純分濃度が、原水COD-Mnの2~3倍、一鉄純分濃度が4~5倍で、除去率80%でした。」
                   
A 「ふーん、そんなに除去率高いんですか・・・」          
                   
T 「そうなんですよね、きっと対象液が溶剤系の生物処理水で、フェントン分解に適してたんでしょう。」
                   
「そんなに分解率高いのに何故一般的に行われないんですか?」      
                   
T 「まず、不経済なので大きな排水量には向かないですね。」 A  「それから・・・」  
                   
T 「こちらの方が問題ですが、原水有機物の組成、濃度に対してのコントロールが困難な点です。
    水酸基ラジカルの連鎖反応は、環境が整わないと継続しません。  過剰に添加しても分解
    しないという意味です。だから、変動したり原水濃度が高かったりすると話になりません。」
                   
A 「よく、実施しましたね?」            
                   
T 「色々な条件が重なりました。 BODが一桁になっても、CODが50~100残る。活性炭には  
    負荷高すぎるし、どうしようと思っていた所に、リン規制の指導が入り後凝沈が必要に、  
    なったので、なら、フェントンも試してみるか・・・と、        
    事前実験での結果は、あまり良くなかったんですが・・・      
                   
    やっぱり、現場でリアルタイムで分析すると、精度や再現性がいいです。    
    今思うとフェントンの場合、簡単な実験では良い結果じゃないのが当たり前だったと思います。」
                   
            - 次回へ続かない  -  
                   

 

 
Page Top