水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2013年11月

 

水をつくる社員ブログ 2013年11月

2013.11.22

 

    水処理サロン その18          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  E : 営業担当        42才            
                   
T 「この前さぁ、1%=1000ppmって言ってなかった?」        
                   
E 「あ、聞いてました?お恥ずかしい・・10000ppmでした。」      
                   
T 「そやね、でも、濃度でppm自体が今では非公式単位だよ。」      
                   
E 「え、でもみんな言ってますよね。」          
                   
T 「特に年配の人は、名残でどうしても使ってしまうね・・・・もちろん俺もね^^」    
                   
E 「どういうことなんですか?」            
                   
T 「ppmって、パートパーミリオンの略って知ってた。」        
                   
E 「ピーターポール&マリーかと・・・・」   T 「・・・・・・・・・」    
                   
T 「これって、%と同じで何分の何かを表しているだけなので、分母と分子は同じ単位でないと  
   いけません。」              
                   
E 「確かに人口の10%って、分母も分子も単位は、人ですもんね。」      
                   
T 「ところが、濃度は一般にmg/Lでしょ、%風に言うとw/v ウェートパーボリュウムです。」  
                   
E 「だから、ppm≠mg/Lなのか~?」          
                   
「それから、位取りは日本人の文化の違いも、加わって難しいんですよ。」    
                   
E 「???」                
                   
T 「日本人は、万=10^4 億=10^8 兆=10^12 京=10^16って、10^4刻みでしょ。」  
                   
E 「あ~、英語だと、thousand million billion trillion って、10^3刻みですね。」    
                   
T 「そうなんだよね。だから、科学的な単位が、p、n、μ、m、k、M、G、Tって、10^3刻みは  
   日本人は、ちょっと苦手かも知れないね。」          
                   
E 「でも、cmとか、hPaは10^2じゃないですか?」        
                   
T 「それは、よく使う量の巾がその範囲にあるので、使っているだけで別にcl センチリッターでもいいし
   dm デシメーターでもいいのよ。」          
                   
E 「そんなのも、ありなんですね?」            
                   
T 「昔の単位と、桁を合わせる為に単位を付けてくれているものもあるよ。 粘度のmPa・sec  
   ミリパスカル秒なんて、cPと同じ桁合わせだし、hPaもそうだね。」      
                   
E 「あ、でも、じゃなぜ圧力のMPaは、あんなにややこしくて、配慮がないのでしょう?」  
                   
「昭和生まれのサガだね~(泣) 百億万回?使えばなれるんじゃないの・・・・・・・・?。」  
                   
            - 次回へ続かない -  
                   

 

 
Page Top