水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2013年12月

 

水をつくる社員ブログ 2013年12月

2013.12.25

 

    水処理サロン その19          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  E : 営業担当        42才            
                   
E 「Tさん~、リンの処理教えてもらえますか?」          
                   
T 「はい、いいですよ。」              
                   
E 「まず、リンって毒なんですよね。」 T  「えっ、そこから・・・・(絶句)」  
                   
E 「だって、総量規制とか、富栄養化とかで削減対象じゃないですか?」    
                   
T 「チョンマゲ隠す鉄プリンって、知ってる?」          
                   
E 「いきなり、映画の話ですか?」            
                   
T 「うんうん、それって、関ジャニ∞の錦戸亮君の話ね・・・・・いい映画だったねって、こら~。」  
                   
E 「ひとりのり突っこみ、腕上げましたね~^^。」          
                   
T 「知ってるのか・・・怒。  CHONMgCaKSFePは、生物の10大栄養素です。」    
                   
E 「そう言えば、このサロン内で細胞の疑似構成元素式の話ありましたね。」    
                   
「ただ、リンは呼吸系の代謝にも働くので、構成元素以上に重要です。」    
                   
E 「あ~それで、「富」栄養化で、プランクトンの異常発生とかが起こると言う事か~?」  
                   
T 「でも、処理は意外に簡単なんです。(バカ話で書くとこ無くなってきたな~)」    
                   
E 「凝集沈殿ですよね。」            
                   
T 「そうですね。Ca系の凝集でHAP法(ヒドロキシアパタイト)、Mg系の凝集でMAP法  
    (ストラバイト)で晶析するのが一般的で、除去率も高いです。」      
                   
E 「析出しなくても、SS除去でも取れるんでしょうね?」        
                   
T 「ええ。生物処理でも、消費・・・増殖細胞から余剰汚泥で系外搬出されるので分離されますね。」
                   
E 「それは、排水中の有機物量に比例してリンも分離されるという事ですか?」    
                   
T 「もちろん、それが主になるけど、前出の呼吸代謝の中では、微生物に過剰に摂取させた  
   タイミングで効率よく分離する事も可能です。」        
                   
E 「造粒脱リンって、言葉も聞いた事あるんですけど?」        
                   
「それも、MAP法で水中から直接、造粒塔でリン酸アンモニウムマグネシウム結晶として、  
    成長させて取り出す方法で、脱水がいらないので、良い方法ですが、原水濃度の制限とか
    高価な設備なので、あまり普及はしていないと思います。」      
                   
E 「この、物質毎の処理技術シリーズって、続きやすそうですね。」      
                   
T 「なんか、いやな言い方するよね。」          
                   
          - 次回へ続く可能性は比較的高い -  
                   

 

 
Page Top