水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2014年1月

 

水をつくる社員ブログ 2014年1月

2014.01.27
    水処理サロン その20          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  S : 営業担当        37才            
                   
T 「よし、今日は窒素処理に行こうか~。」          
                   
S 「はい、よろしくお願いします。」            
                   
T 「まず、窒素の中の何から行こうか?」          
                   
S 「えっ? 窒素って元素だから、その中からって?」        
                   
T 「ごめんごめん、どの形態から行こうか。」          
                   
S 「そんなにあるんですか?」            
                   
T 「もちろん、有機態窒素、アンモニア性窒素、亜硝酸性窒素、硝酸性窒素。    
    アルブミノイド性窒素ってのもあるけど、これは分析用語で、有機態+アンモニアの事です。」
                   
S 「それで、処理の方法が各々違うと、言う事ですか?」        
                   
「はい、さようでございまする。」            
                   
S 「脱窒処理って、生物処理ですよね? 物理や化学処理もあるんですか?」    
                   
T 「ほんとやね、考えた事無かったけど、脱窒って、生物処理しか使わないね。    
    例えば、特異なのでアンモニアから話すけど、アンモニアは、温度やpHによって大気に発散
    する性質があります。            
    アンモニアストリッピングといって、蒸気、アルカリ、触媒、それらを組合わせた方法があります。」
                   
S 「分離したアンモニアは、どうするんですか?」          
                   
T 「回収したり、燃焼したり、触媒酸化したり、処理としては窒素と水素ガスに分解、大気発散です。」
                   
S 「じぇじぇ~っ、アンモニアって、窒素と水素で出来てるんですか・・・・・・?」    
                   
T 「え、化学式通りですけど、何か問題でも?」         
                   
S 「だって、あんなに臭いのに、ただの窒素と水素なんですか?」      
                   
「まぁ、臭いのイメージはアンモニア水だろうけど、水酸化アンモニウムだと、窒素、水素、酸素です。
    難しい事言うね~? 一言では説明できないけど、化合物は化学的性質が変わる事は  
    当たり前ですよ。  水は酸素と水素だし、猛毒のシアンは、炭素と窒素ですし・・・・」  
                   
S 「じぇ、じぇ、じぇ~??じゃあ 窒素ってすごく悪いんですね。どっちにも出てくるし・・・」  
                   
T 「え、いや・・・そういう事ではなくて・・・・。前回のチョンマゲプリンの話をしたで・・・・・」  
                   
S 「そうか~ くそ~ 窒素め~ どうしたら窒素を処理できるんですか?」     
                   
T 「だから、その話し中~だっちゅうの・・・・・」          
                   
                   
          - 次回へ続く可能性は比較的高い -  
                   
                   
 
Page Top