水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2014年2月

 

水をつくる社員ブログ 2014年2月

2014.02.21

水処理サロン その21

T : プラント設計担当   53才
S : 営業担当       37才

T 「前回シアンが話題に出たから、それ行こうか~。」

S 「はい、よろしくお願いします。」

T 「まず、シアンは血中の酸素代謝系の猛毒です。知ってた。」

S 「もちろん、青酸カリですよね?推理小説とかに良く出てくる。」

T 「そう、シアン化カリウムですね。工業用では、メッキで青化浴といってシアン化金属を使い
  電気メッキをしています。」 

S 「あの~  青酸とか 青化とか なんでシアンが青なんですか?」

T 「シアンって、もともと水色の事ですよ。命名はシアンが後です。」

S 「ふーん、そうなんですか?でも、そんな猛毒をどうして使うのですか?」

T 「まぁ、ノンシアン化は進んでいるみたいですが、メッキではまだまだやっているようです。
  使いやすかったり、メッキの出来が良いのでしょうか?そこは解りません。」

S 「ふーん?で、処理方法を教えて下さい。」

T 「アルカリ塩素法と言って、苛性ソーダでアルカリ域として、次亜塩素酸ソーダで酸化します。」

S 「猛毒のわりには、処理は簡単なんですね?」

T 「そうでもないよ、pHと電位をコントロールしながら、第1反応でシアン酸に酸化して、第2反応で
  炭酸ガスや窒素に分解するんだけど、第1反応より第2反応の方がpHが低いので
  硫酸を使います。 第1反応がpH10くらい、第2反応がpH8くらいです。」

S 「それが?」

T 「原水ももちろん、第1反応の終わった時点でも、まだ、酸性にするとシアンガスが発生します。」

S 「じぇじぇ~っ、それって超危険ですよね・・・・・・?」 T  「もちろんです。」

T 「青酸カリも、胃酸と反応して青酸ガスになってから毒性がでるんですよ?」 

S 「そうですか~ 飲んですぐに「うっ・・」てのは変なんですか?シアン処理って命がけなんですね。」

T 「反応自体は、妨害するイオンがなければ簡単ですし、確実です。 ただ、排水プラントとする
  場合には事故も想定して設計したいですね。」

S 「例えば、どんな所ですか?」

T 「pH計やORP計は2重化したいですし、反応槽廻りは局所フードで排気して、アルカリスクラバーに
  かけたいですね。」

S 「う~ん、やっぱり大変か~~」 

- 次回へまだまだ続く -

 
Page Top