水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2014年3月

 

水をつくる社員ブログ 2014年3月

2014.03.28

 

    水処理サロン その22          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  S : 営業担当        37才            
                   
T 「シアンに話題それたんで、窒素に戻しましょう。」        
                   
S 「はい、よろしくお願いします。」            
                   
T 「まず、脱窒というのは硝酸性窒素から酸素を除くことで、窒素をガス化し大気発散することを、
    言います。」              
                   
S 「硝酸の廃液からは直接脱窒処理が可能なんですか?」        
                   
T 「はい、可能です。 基本的に生物処理では硝化工程に較べて脱窒工程の方が簡単です。 
    これは、持論ですが脱窒作用は好気性菌(通性嫌気性菌)なら、ほとんどの菌が硝酸呼吸を
    する脱窒菌だと思っています。            
    ただ効率よく脱窒出来るものを、脱窒菌と総称で呼ぶのには反対はしませんが・・・」     
                   
S 「そうですね、硝化菌はよく聞くけど、脱窒菌ってあまり聞きませんもんね?」    
                   
T 「亜硝酸菌ニトロソモナス、硝酸菌ニトロバクターが有名すぎるのもあるけど、それ以上に  
    炭素源を無機炭素から得る独立栄養型細菌って言うところが、そそりますよね?」  
                   
S 「えっ、そそる? そそるってどういう意味ですか?」        
                   
「・・・独創的で、数が少なく、生育が遅いって言うことです。」      
                   
S 「・・・・・・・・・・・ふーん?(なんだか??)」          
                   
T 「だから、アンモニアや有機性窒素を含む多くの排水の処理においても、有機性の負荷が低く
   空気量と滞留時間が充分にあって、有機物の分解が極限に進めば自然に硝化は進みます。」
                   
S 「それを見分ける方法ってあるんですか?」          
                   
T 「まず、酸化が進むと言うことでは、処理水がきれいでないと硝化まで進みません。  
    その後、亜硝酸から硝酸へと酸化が進み、pHが下がります。亜硝酸や硝酸はGR試薬で、
    ピンクの呈色を見ます。  また、硝酸化の進んだ混合液をシリンダーに取って観察すると
    2~30分でN2ガスが観察できます。」          
                   
S 「へぇ~、沈殿分離だと汚泥が浮上してしまうんじゃないですか?」      
                   
T 「ま、その時は曝気槽に余裕があるんだから、沈殿槽へ移流する再後段の曝気を間欠にして、
    先に脱気してから、沈殿槽に流すのがいいでしょう。」        
                   
S 「あ・・・返送汚泥の表面でミジンコが跳ねてるように見えるのを見たことがあるんですが?」  
                   
T 「それ、それ。それ間違いなく窒素ガスです。         
    沈殿槽の中はもちろん嫌気状態ですから、硫化ガスの可能性もありますが、H2Sは気泡が
    大きいし、なにより、臭いですからね。^^ 」        
                   
S 「今度、注意して見ておきます。  今回、普通の終わり方ですね。^^」    
                   
                   
            - 次回へ続くかも -  
                   
                   

 

 
Page Top