水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2014年4月

 

水をつくる社員ブログ 2014年4月

2014.04.27

 

    水処理サロン その23          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  A : 装置設計担当     43才            
                   
T 「最近、下水道への切り替え案件が続いたんで、ちょっと話していいかな?」    
                   
A 「はい、どうしました。」              
                   
T 「下水道事業は、地方自治行政なので料金体系や排水基準は場所によって違うのよ。」  
                   
A 「BOD600、SS600じゃないんですか?」          
                   
T 「国の下水道法ではそうなんだけど、各地区により終末処理場の能力や地場特性が違うので 
    それぞれ違うのよ。 内海法とかの上乗せもあるしね。」      
                   
A 「あ、BOD×1.2+SS<600 なんて見たことありますよ。」      
                   
T 「そう、神戸市なんかもっと複雑だし、式にn-Hexの項も入ってるし、水質料金も9段階に  
    別れてるのよ。」              
                   
A 「何か問題でも?」              
                   
「下水道が延びてきて、公共桝が受け入れ体制になると3年以内に接続放流しないといけない義務
    なんだけど、下水道の放流基準も結構きつくなってきて、600なんて少ないのね。」  
                   
A 「じゃ、下水放流を開始したのに、排水処理のランニングはそのままで、下水料金まで  
    かかってくると・・・・」            
                   
T 「中小企業では、実際死活問題になるよね。」        
                   
A 「ん~、問題ですね?」            
                   
T 「それをもう一歩、突っ込むとね、問題がもう一つあって、既設が河川放流で生物処理していた
    とします。下水放流に切り替えました。BOD原水濃度2000を30ppmにして放流していました。
    下水道局は、そのまま排水処理を運転して下さい、と言います。  どうしますか?」  
                   
A 「?・・・処理がきれいになりすぎているから、下水の排水水質に適合するように原水と  
    処理水混ぜればいいんじゃないですか?ランニング減らす為に・・」    
                   
T 「それ、違法だって。」             
                   
A 「じゃ、全量処理するけど、余剰汚泥を下水の排水水質に適合するように混ぜて放流・・・」  
                   
T 「それも、違法だって。  それに生物処理の場合、全量処理した上で、水質をコントロールするのは
    難しいのよ。ただし、流動担体処理のみ人為的でなく、連続的に余剰汚泥が剥離排出するので
    その処理水が基準に適合していれば、OKなんだって?」      
                   
A 「???どこが、違うんですか?」            
                   
T 「意図的か、そうでないかだよね。  で、ユーザーは設備投資を覚悟で生物処理から加圧浮上に
    処理の方法を替えようとするが・・・・BOD2000を凝集処理しても1000位にしかならない。」
                   
A 「ぐぐぐ・・・八方ふさがりですね。」            
                   
T 「そこで、ここだけの話、マル秘の解決法を教えようか・・・?」 - 次回必見、乞うご期待 -
                   

 

 
Page Top