水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2014年5月

 

水をつくる社員ブログ 2014年5月

2014.05.26

 

    水処理サロン その24          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  A : 装置設計担当     43才            
                   
A 「マル秘の解決法の続きですけど、それって合法なんですか?」      
                   
T 「ん・・・うん、もちろん・・・統括の担当官が認めたらもちろん合法でしょ。」    
                   
A 「なんか、胡散臭いですね。」            
                   
T 「無礼な~。過去に実例があるので、それを紹介しましょう。       
    まず、既設は河川放流で50m3/dの膜分離活性汚泥法がありましたが、下水がつながりました。
    食品排水で原水濃度は、BOD2000、SS300、処理水質はBOD10、SS10以下になります。」
                   
A 「さすが、膜分離ですね。でもそれだと、下水放流への水質ではもったいないですね。」  
                   
T 「まぁ、ユーザーとしては、現状ランニング+下水料金なんだから、そうなるはね。」  
                   
A 「曝気量落とすとか、汚泥量変えるとかで、コストカットできないんですか?」    
                   
「膜分離なんで、酸化が不十分だと膜が閉塞します。」        
                   
A 「膜分離を辞めて、流動担体に変えると処理水質はどうなりますか?」    
                   
T 「汚泥転換率30%、汚泥のBODカウント40%、SS中の有機物50%として、BOD300、SS700位です。」
                   
A 「SSが放流基準違反ですね~。で、どうしたんですか?」        
                   
T 「下水道切り替え後、変更届を出して処理量50m3を75m3としました。」     A  「は・・・?」
                   
T 「そして、増量分を25m3処理の流動担体を増設しました。」      
                   
A 「設備投資してまで、そんな必要性あるんですか?実際に水量が増えたとか?」    
                   
T 「水量そのままですし、多く申請しても料金区分以内なら、下水道使用量に課金されるので  
    今まで通りの50m3を処理します。膜と担体で25m3づつですけどね。^^」    
                   
A 「それ、どこがどうなって、メリットあるんですか?」         
                   
T 「まず、合流処理水の水質が、BOD200、SS300程度になります。」      
                   
A 「ま、確かに理屈はわかりますが、なんだかおかしくないですか?」      
                   
T 「下水道課に変更を届けて相談した上で設置しているので、もちろん合法でしょう。  
    これにより、汚泥処分費が月20万程度、浮いてくるので減価償却後は、下水道料金も  
    支払えるのでめでたし、めでたしです。」          
                   
A 「私が、施主なら担体処理に50m3流しちゃいますけどね?」      
                   
T 「鬼か、悪魔の所業ですね~。それ意図的なんで、立ち入りで発覚すると、過去の下水料金まで
    追徴されますよ。」              
                   
A 「ぐへぐへぐへ。」              
                   
          - 次回へ続かない -    
                   

 

 
Page Top