水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2014年6月

 

水をつくる社員ブログ 2014年6月

2014.06.20

 

    水処理サロン その26          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  A : 装置設計担当     43才            
                   
T 「ちょっと、飛んだけど、処理方法シリーズ再開しよう。」        
                   
A 「フッ素行きましょう。」              
                   
T 「はいは~い。中性凝集沈殿でフッ化カルシウムとして除去します。」     
                   
A 「はい終了。 超簡単ですね。」            
                   
T 「な、訳ないです。昔は10~15mg/L位の排出基準でしたが、最近は8mg/Lとか上乗せが  
    厳しくなってきています。」            
                   
A 「でも、フッ化アルミで高度処理とかあるんでしょ?」        
                   
「フッ素の不思議なところは、Ca、Alで凝集した処理水をもう一度同じ処理をすると、処理精度が
    上がるんです。 多分、フッ素濃度の低い環境での平衡濃度の差なんでしょうけど。」  
                   
A 「それって2段凝沈ですね。でも、反応槽も沈殿槽も2セットいるんですよね?」    
                   
T 「後段は反応速度も沈降速度も遅いので、大きくしたいくらいですね。  ただ、どんな方法でも
    1段では10~15ppm程度にしかならないのに、2段目には、5ppm位に下がるからね。」
                   
A 「へぇ~しかし、それって汚泥発生量も馬鹿にならないですよね?」      
                   
T 「・・鋭い。 確かに2段目の凝沈は5ppmのフッ素除去のための汚泥発生装置ですね。」  
                   
A 「で、そこでいつもの奥の手を出しましょうか?」        
                   
T 「出しますけど、ここからは特許も絡んでくるので問題ありですが発表します。    
    まず、第1反応槽に沈殿汚泥を10%程度返送すると、フッ化物の表面での析出の効率が良く
    なり発生汚泥量当たりのフッ素除去量が改善されて、汚泥発生率が低下します。」  
                   
A 「それって、一般的にみんながやってるフローじゃないんですか? フッ素以外にも効果   
    ありそうだし・・・?  Tさんも、・・・・・や・・・・・で、・・・・・モガモガ」    
                   
T 「はい、お静かに~。 それと精度を上げるのにはキレート吸着法もありますが、共存イオンがあると
    なかなか、安定しないです。」            
                   
A 「モガモガ・・・・・・(死ぬ~)」            
                   
T 「キレート処理の場合、再生廃液の濃厚フッ素は、原水に戻せば汚泥への再吸着が可能なので
    廃液としての場外処分は、発生しません。  また、2段凝沈の汚泥も、弱酸で洗浄すれば
    フッ素だけが解離して、原水に返水できますし、残ったアルミ汚泥は2段凝沈の凝集金属として
    再利用が可能です。」            
                   
A 「・・・・・・だから、それって特許侵害でやっちゃダメなやつでしょ・・・・ヒィ~モガモガ・・・」  
                   
T 「もちろん、神に誓ってやってません。 皆さん、法律は守りましょう。 ではまた。」  
                   
  今回の記述は、フィクションであり、実存の人物、団体、処理技術とは一切関係がありません。
                   
          - 次回へ、続かないです。 -    
                   

 

 
Page Top