水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2014年8月

 

水をつくる社員ブログ 2014年8月

2014.08.24

 

    水処理サロン その27          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  A : 装置設計担当     43才            
                   
A 「前回の運送編、なかなかおもしろかったですね?」        
                   
「あら、そうですか?」              
                   
「なんか、過去のおもしろ話なんてないんですか?」         
                   
「じゃ~、前回、次回に続かないとしたけど、やっちゃいますか。」      
                   
「自由だから、全然、気にしてないでしょ。」   T 「は~い。」    
                   
「では、よくある失敗のケースから・・・まずトレーラーの種類、旋回半径を運送会社に聞きます。
    で、工場内の搬入場所への経路を調査します。」        
                   
「公道は、運送屋さんがプロですもんね。」          
                   
T 「で、くぐれるか?曲がれるか?乗り越えられるか?を調べます。」      
                   
「くぐれるか?は、門や配管ラックの下。曲がれるか?は曲がり角ですね。」    
                   
T 「はい、低床平ボディならエアサスで多少車高調整できますし、トレーラーなら最後輪がハンドルで
    切れるタイプもあるので、知っておくと便利です。」        
                   
A 「乗り越えられるかはどういう事ですか?」          
                   
T 「これは、2通りあってまずは、構内道路を横断する暗渠の蓋です。グレーチングや鉄板、  
     コンクリート蓋など、事前に耐荷重を調べて、危ない場合は敷き鉄板養生します。  
     もう一つは、坂です。ゆるい坂でも、谷部で前後がつかえたり、山部で腹をこすって  
     動かなくなってしまいます。」            
                   
A 「色々ありますね?おもしろ失敗談なんて、ありますか?」       
                   
T 「えっ、そんなの言うの・・・・ おもしろって・・・・。        
    お腹を擦るのを解っていて、強引に行って貰ったら、台車の配線がズタズタになりました・・・とか
    潜ってくぐる交差構造で、前後がつかえるので、低い部分に敷き鉄板入れると、今度は高さが
    足りなくなりました・・・・とか。  心配な時は、運送屋さんに見てもらうほうがいいね。」  
                   
A 「もうすぐ、フェリーの運搬もありますよね?」          
                   
T 「あまり、経験ないけど、小島だとフェリーの制限きついから、事前調査は大切ですね。  
    上下船時の潮の高さも関係するらしいですよ。」        
                   
A 「へ~・・・そう言えば以前に、船の搬入で、おもしろい話しありましたよね。」    
                   
T 「あ~、6000φくらいの沈殿槽を現地溶接で見積もりだしたら、工場製缶に取られた奴ね。」
                   
「そうそう,客先工場の原料入荷用の船着き場に海から直接搬入したの、造船ドックで製缶して
    直接、船で運んだんでしょうね?」          
                   
「あれは、一本取られた感じやったね。 まぁ、うちの想像力不足なんだろうけど・・・・」  
                   
          - 次回へ、続かないです。 -    
                   

 

 
Page Top