水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2014年11月

 

水をつくる社員ブログ 2014年11月

2014.11.29

 

    水処理サロン その30          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  E : 営業担当        42才            
                   
E 「沈殿槽の水面積負荷って、どれくらいがいいんですか?」      
                   
「どうして、そう思ったの?」            
                   
E 「下水道設計指針をみたら、上向流式25m/d とか書いてあるんですけど?」     
                   
「そうですか。」              
                   
E 「でも、うちの凝沈ユニットなんか15~20mとかですし、下水道って生物汚泥用なのに  
    なんで、沈降速度が速いんですか?」          
                   
「すごくよく考えてるね。もちろん、生物汚泥の方が沈降速度は遅いよ。有機物=バクテリアと
    無機物=金属凝集の比重の差がそのまま、沈降速度差になるね。」    
                   
E 「重い方が沈降速度は速いですよね。」          
                   
T 「はい。 まず、横流式の沈殿槽を考えてみましょう。 等速度に自由沈降する汚泥界面は、  
    流入から、越流トラフに向かって、均一の下り傾斜になります。速く沈めば勾配のきつい傾斜に
    なりますから、滞留時間で沈殿槽の能力が決定します。」      
                   
E 「はい、解りますよ。」              
                   
T 「上向流式の能力は、面積負荷で決定します。 これは、上向流の線速度で決まります。」  
                   
E 「汚泥の沈降速度よりも遅い流速で流せば沈殿しますよね。 ほら、矛盾するでしょ~」  
                    
T 「では、うちの最小モデルRCS-1型を見てみましょう。1m3/hの能力で沈殿槽径1.5m、  
    面積1.7m2で、面積負荷14m/dです。」        
                   
E 「能力見過ぎで、もっと小さい物が作れるように思うのですが・・・・・。 」    
                   
T 「まず、小さいと槽内面の摩擦抵抗が大きくなるので、汚泥が沈みません。」    
                   
E 「1mφの沈殿槽を以前に作っていましたよね?」         
                   
T 「はい、特殊なケースで重金属の凝集沈殿槽で作りました。底部ホッパ角度は45度もある  
    掻寄せレーキ付きの全FRP製でしたね。」          
                   
E 「1Lのサンプル瓶の排出汚泥が、重かったですもんね。2kgあったんじゃないですか?」  
                   
T 「濃硫酸やリン酸持っても、あまり重いと感じないから、もっと重たかったかもね。 濃度15%くらい
    でも流動性あったし、フィルタープレスから落ちる脱水ケーキは殺人的でしたね。^^」  
                   
E 「はははは・・・・・・・・って、   沈殿槽の話は、どこ行ったんですか?」    
                   
T 「もちろん次回へ続きます。  それと、今回から コメントカキコ許可としますので、  
    よろしくお願いします。」            
                   
E 「炎上したら、おもしろいですね・・・・・」   T  「・・・・・・・・・・・」    
                   
          - 次回へ続く -      
                   

 

 
Page Top