水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2014年12月

 

水をつくる社員ブログ 2014年12月

2014.12.30

 

    水処理サロン その31          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  E : 営業担当        42才            
                   
E 「沈殿槽の続きですよ。」            
                   
「あ~、前回の小さい沈殿槽の続きでもう少し、語らして?」      
                   
E 「はい、手短にどうぞ・・・」             
                   
「・・・・  それに、小さい沈殿槽は、作りにくいんです。  内面の塗装どうするの?とか」  
                   
E 「あ、ありますね。 槽内にものを落としたら、どうするの?とかね。」      
                   
「そうなんですよね、技術的とか、理論的とか言う以前に、装置としての評価が低くなるでしょうね。」
                   
E 「はい、小さい沈殿槽終了~ 続き行きましょう。」        
                   
T 「はい。 では、大きな沈殿槽を考えてみましょう。仮に直径を20mとします。    
    先週の続きで、25m/dの水面積負荷では、日量7850m3処理です。」    
                   
E 「はーい、大きいですね~ 解りますよ。」          
                   
T 「センターウエルから、流入した水流は、円周の越流トラフに向かって流れます。」  
                   
E 「もちろん、そうですね。」   T  「これは、上向流?横流?」    
                    
E 「円形の沈殿槽だから、上向流でしょう。」          
                   
T 「で、どんどんトラフに近づくと、平面が扇形に広がるので、ますます、流速は落ちていきます。
    流速が落ちていくので、界面は下がっていきます。  これは、上向流?横流?」  
                   
E 「横流・・・・っぽいですね?」    T  「・・・・・っぽい?」    
                   
T 「最低水深は、3mは欲しいですね。レーキが付いていても、底板勾配は5度くらいは必要です。
    中心部では、もっと深くなるので、滞留時間は、3時間以上あります。」    
                   
E 「RCS-1型は、滞留時間2時間半ですね。」          
                   
T 「そうなってくると、上向流に限定される、水面積負荷や垂直の線速度って、あんまり意味が  
    無くなってくるでしょ。^^」            
                   
E 「わかったような~わからないような?」          
                   
T 「小さな沈殿槽は、越流トラフから流出する速度が、水槽内に均等に分布しても、全体に及ぼす
    影響を無視することが出来ません。          
    また、生物処理の場合は、沈殿物がバクテリアで一様と言いましたが、沈降速度は処理の状態に
    よって、変化するので、小さな沈殿槽は、百害あって一利無しです。」    
                   
E 「なかなか、難しいんですね。  じゃ、沈まなくなった時の対策なんてあるんですか?」  
                   
T 「ん?  企業秘密に関わってきますね・・・・・ま、次回 それ行っちゃいましょうか?」  
                   
                   
          - 次回へ続くかどうか、あまり期待しないでね。 -
                   

 

 
Page Top