水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2015年1月

 

水をつくる社員ブログ 2015年1月

2015.01.27

 

    水処理サロン その32          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  E : 営業担当        42才            
                   
E 「沈殿槽の続きですよ。フロックが沈まない場合の話です。」      
                   
「まずは、傾斜板の話からします。」          
                   
E 「あ~、傾斜板とか、傾斜管とかブロックで売ってたりしますね。」       
                   
「ちょっとめんどくさいけど、理屈から説明します。」        
                   
E 「簡単にお願いしますね。^^」            
                   
「まず、上向流の沈殿槽に傾斜板を入れる場合を考えます。」      
                   
E 「はい、垂直に上向流ですね。」            
                   
T 「で、ここでは仰角60°の傾斜板を考えましょう。有効面積が同じなら上向流の時と  
    同速度で、60°に沿って、斜めに上昇流ができます。これに対してフロックの沈殿方向は、
    重力方向なので、垂直に沈もうとしますが、水流との合成ベクトルで斜めに沈みます。  
                   
E 「ほー? 斜めに、沈む・・・。」            
                   
T 「えっ、ここで、もう無理なの?まだまだ、難しくなるよ。        
    でこの時、汚泥界面は、沈降方向に対して直角面で形成されるので、水平ではなく斜めに
    形成されます。」              
                   
E 「ん~、イメージがわかないけど、どの程度なのですか?」      
                    
T 「理論上の計算をしてみましょう。 まず速度を水面積負荷で10m/dとしましょう。」  
                   
E 「あっ、面積負荷って、速度の単位なんですね~。」 T  「・・・・・(無視)」    
                   
T 「で、沈降する速度は、これより速くなければ沈まないので、仮に15m/dとしましょう。  
    この時、フロックの沈降角度は、俯角で51.7°になり汚泥界面は38.3°傾きます。」  
                   
E 「そんなに傾くんですか?」    T  「理論上はね。」      
                   
T 「なので、元の水平面積に較べて、27%の面積UPとなります。」      
                   
E 「意外と傾いても、面積UP率は、高くないんですね。」        
                   
T 「ここでの、注目は上向流速度と沈降速度の差が少ない程、汚泥界面の傾斜がきつくなり  
    界面面積のUP率が高くなると言うことです。」        
                   
E 「沈みやすい汚泥は、より速い速度で流す方が面積効率が高くなると、言うことですか?」  
                   
T 「理屈では、そうなんだけど、傾斜板にはデメリットもあって、なかなか27%UPとはいきません。」
                   
E 「紙面がないので、次回へつなごうとしてます?」        
                   
T 「はい、何か問題でも?」            
                   
          - 以外と続く沈殿槽の巻。 -    
                   

 

 
Page Top