水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2015年2月

 

水をつくる社員ブログ 2015年2月

2015.02.28

 

    水処理サロン その33          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  E : 営業担当        42才            
                   
E 「傾斜板のデメリットって、何なんですか?」          
                   
「じゃあ、仮に3m×3mの沈殿槽に、傾斜管を入れて能力UPを測ったとします。」  
                   
E 「イメージは、土木槽とかで、壁面垂直ですね。」         
                   
「そこに先月、話した仰角60°の傾斜板を高さ1m設置したとします。」    
                   
E 「設置高さは、センターウェル下端合わせくらいですか?」      
                   
「はい、それでいいです。 が、60°の傾斜は9㎡の有効面積にデッドスペースを作ります。」
                   
E 「上面はあっても、下面がないですもんね。」          
                   
T 「これは、傾斜ブロックの高さに由来するので、1m高さだとtan30°の0.577m×3mで  
    1.73㎡のロスとなりますから、元面積の9㎡に対して-19.2%の有効面積となります。
Bitmap
 
                 
E 「ふむふむ・・・、えっ、先月傾斜板の有効率は、+27%って言ってましたよね。」    
                   
T 「はい、何か問題でも?」            
                   
E 「それじゃ、実質8%程の効率UPしかないと言うことですか?」      
                    
T 「これは、3m角の小さな沈殿槽での計算なので、大きな沈殿槽の方が効率が良くなります。」
                   
E 「でも、沈殿槽が小さいから、傾斜板を入れよう~とかの話になるんじゃないですか?」  
                   
T 「まあ、そう言うケースもあるだろね。だから、安易に能力UPをアピールしないでね。」  
                   
E 「はい、でも以前に買った傾斜管は、右上がり傾斜と左上がりが交互に交差されてましたよ。」 
                   
T 「それは、デッドスペースの位置が分散するだけで、面積は変わりません。」    
                   
E 「以前に横流式の沈殿槽で傾斜管を入れてましたよね。」      
                   
T 「あれは、2.5m×6mだったから、同様の計算では有効面積が、-9.6%となります。  
   正方形よりも、長方形の方が流れ方向に傾斜管を入れるので、ロスが少なくなります。」  
                   
E 「円形の沈殿槽にもロスはありますよね?」          
                   
T 「はい、同じ理屈ですから、ちょっと待って下さいね。有効面積に対するロス面積の割合なので
    前出と同じ9㎡の円形沈殿槽の3.4mφで計算してみましょう。」      
                   
「・・・・-16.7%の面積ロスになりますね。円形の分、四角より少しマシですね。」  
                   
E 「あ・あ・あ~そう言えば直胴部が傾いてる沈殿槽見たことがありますよ。」    
                   
T 「そうですね。それが本来の姿でしょうね。はい、何か問題でも?」      
                   
                   
          - 以外と続く沈殿槽の巻。 -    
                   

 

 
Page Top