水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2015年8月

 

水をつくる社員ブログ 2015年8月

2015.08.21

 

    水処理サロン その38          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  A : 営業アシスタント   29才            
                   
A 「Tさーん、ちょっといいですか?」            
                   
「はい、ちょっとだけね。」            
                   
A 「計装機器メーカーでpH計の機種変更があって、古いセンサーが使えないって言うんです。」 
                   
「電解液濃度が変わったり、測温抵抗体が変わると古いセンサーは使えないね。」  
                   
A 「そうそう、温度計が使えないって言ってました。pH計に温度計が付いているんですか?」   
                   
「はい、付いてますよ。」            
                   
A 「pHと温度が、なぜ関係あるんですか?」          
                   
T 「まず、pHは水素のイオン濃度です。」          
                   
A 「はい、解ります。」              
                   
T 「で、水温が高くなると水は物を溶かす能力が高くなります。」      
                   
A 「はい、塩や砂糖がお湯に溶けやすいのと同じですね。^^」      
                   
T 「はい、よくできました。「水の溶媒能が上がる。」と言います。」      
                   
A 「?。で、温度によって濃度が変わる事は、解るんですが、ただ、イオン濃度を測るだけでは  
     なぜ、だめなんですか?」              
                   
T 「pHも水の溶媒能に大きく影響します。pHを計る事によって、その水に物が、特に金属がどれくらい
     溶けるのかを比較します。 だから、水温の違う水のpHを比較しても意味がありません。」
                   
A 「意味が無いのになぜ測定するんですか?」          
                   
T 「・・・・だから、意味を持たせるために水温を同時に測定して25℃の状態のpHを    
     表示しているんです。温度補正機能と言います。」        
                   
A 「ふん、ふん。」              
                   
T 「測温抵抗体で計っているんですが、多くはプラチナで0℃の時の電気抵抗で種類が違います。」
                   
A 「その電気抵抗が変わると、水温が正確に測れないので、pH値も狂いが出るという事ですね?」
                   
T 「はい、ただ、水処理でpHを測定する場合、測温抵抗体の線を外し、25℃の時の抵抗をつないで
     強制的に25℃状態で、運転してもあまり問題は無いと思います。」    
                   
A 「ふふふ、pH計をだますって、いう事ですね。」        
                   
T 「ま、まあね、まあそういうことかな?・・・・」          
                   
A 「それ、お客さんに言ってもいいですか?」          
                   
T 「い、い、いいかたにきおつけてね・・・・」          
            - 次号には続きますよ -  

 

 
Page Top