水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2015年11月

 

水をつくる社員ブログ 2015年11月

2015.11.27

水処理サロン その41

T : プラント設計担当   53才
M : CAD担当    42才

M 「Tさ~ん、JISの改正でボルトナットのサイズに変更があったって知ってます?」

T 「えっ・・・・・うそ。」

M 「それも、去年の2014年の4月発表ですよ。   ご・存・じ・な・い。」

T 「うそ~いや~聞いてないし、知らない・知らない。」

M 「知らない事もあるんですね。うひひ」

T 「(私だって知らない事ぐらい、あるわよ。ねぇ、エネゴリ君・・・・)で、どういうこと?」

M 「附属書品で検索して、ねじ商工連盟のHP見て下さい。」

T 「なになに、本体規格品?附属書品?。」

M 「ね、現在のボルトナットはまだ使えるけど、2020年に全廃って書いてるでしょ。」

T 「全廃じゃなくて、本体規格品の供給体制を整えますって、書いてあるよ。」

M 「じゃあ、2020年になっても、今のボルトナットもあるって事ですね。」

T 「ホントですね~何でこんなに大事な事、耳に入らなかったんでしょ。」

M 「ISOに準拠してって、書いてあるけど、1年以上知らなかったですね。」

T 「や、ややや。 M10とM12なんて良く使うサイズだけど、レンチサイズが変わっちゃう
のね。」

M 「これって、工具も買い換えないといけないですね?
   ん~。これは工具やさんが儲かりますね。」

T 「国際規格、国際競争力を考えると有意義な事なんでしょうけど、実際現場では古い設備を
  修理する時に、痛んだモノは新品交換するけど、そこで混ざるのもおかしいよね。」

M 「そんな事言ってたら、いつまで経っても混在状態が続きますね?」

T 「その辺に、口コミ任せの理由があるのではないかな~? 」

M 「取りあえず、HPの最後の文言載せておきましょうよ。」

業界団体の周知徹底がユーザー様まで及びませんでした。申し訳ございません。

今後、本体規格品を推奨する目的で、この「附属書品から本体規格品への切り替えガイド」を

作成いたしました。附属書は新しい設計では使わない事が望ましいと明記され、将来廃止される

可能性があります。是非この機会に本体規格品に切り替えをお願いいたします。

T 「だってさ・・・・でも、元請けさんやユーザーさんが言ってこないと、こりゃ無理だわ。」

- 次回へ続く可能性は無いです。  -

 
Page Top