水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2016年4月

 

水をつくる社員ブログ 2016年4月

2016.04.25

水処理サロン その46

T : プラント設計担当   53才
A : 装置設計担当    43才

A 「前回から耐蝕の話題になっているので続けましょうよ。」

T 「前回と同じ入りって事は、またまた、コピペやね。^^」

A 「前回は、PVCで話が逸れたんで、耐蝕の樹脂いきましょう。」

T 「そうです・・・ね・・・。」

A 「仕事上出てくる樹脂は、PVC、PE、PP、ABS、PVDF、ETFE、PTFE・・・」

T 「種類がありすぎるので、被耐蝕性で進めましょうよ。」

A 「そんな言葉あるんですか?。」 T  「今、造った。」

A 「・・・で・・・例えば、耐酸性が低いのは・・・て、感じですか?」

T 「樹脂は、基本耐薬品性に優れているからね~、その中でもナイロンかな。」

A 「ナイロンなんて、使いますか? ストッキングくらいしか思いつかないですけど。」

T 「レーキの水中軸受けのMCナイロン。これ接液、酸系は不可です。」

A 「酸性凝沈とか?」 T  「そんなのないね・・・・」

A 「じゃ、次は塩素系はどうですか?」

T 「比較的、ポリプロピレンが弱いですか?」

A 「ちょっと自信なくて、疑問型になってますよ、大丈夫ですか?」

T 「だから、樹脂は元々・・・・・次、溶剤系は、以外とPVDFとか?」

A 「また、?付いてますよ。それ、出典どこから出てるんですか?」

T 「ああ、それ、いい質問ですね。Aさんは耐蝕表いくつ持ってます。」

A 「5種類くらいですか。」 T  「私、11種類です。エヘン!」

A 「多ければ、いいってもんじゃないでしょうに~。」  

T 「多くの耐蝕表を使っているのは、同じ項目でも資料によって、評価が違うのがよくあるんです。」

A 「ああ、ありますね。◎はだいたい◎ですが、○△×なんて、入り乱れてますね。^^」

T 「だから、たくさん見較べないと心配なんですよね。○5対×3で耐蝕OK・・・な感じで。」

A (なんか、内容がいい加減になってきたかな?)

- 次回へ続く可能性が高い  -

 
Page Top