水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2016年9月

 

水をつくる社員ブログ 2016年9月

2016.09.23

 

    水処理サロン その50          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  E : 営業担当    42才            
                   
E 「60%硫酸がなぜ、希硫酸なんですか?」          
                   
T 「いきなりやね?(久しぶりに・・・)」          
                   
E 「60%の硫酸が薄いとは思わないんですが?」        
                   
T 「薄くはないよ。でも、希硫酸の希は希釈の希で、水に混ざった・・・と言う意味だよ。」  
                   
E 「えっ、そうなんですか?じゃあ70%でも?」          
                   
T 「はい。 実際には、50Be(ボーメ)の62.8%や60Beの77.7%ですけどね。」    
                   
E 「じゃあ、98%の濃硫酸っていうのもおかしくないですか?」      
                   
T 「それは、残りの2%が水ではなくて、不純物なので、濃硫酸で正解です。」    
                   
E 「ふーん、まず問題はここからで、保管するのに法的な制約ってあるんですか?」  
                   
T 「まず、濃硫酸は、毒劇物取締法で、200kg以上の保管は、届け出や資格が必要です。」  
                   
E 「それは、あまり仕事上関係ないですね。」          
                   
T 「そだね、で、工業用の硫酸については、医薬用外劇物指定なので、表示義務や保管責任者の
    選任が必要です。資格はいらないけどね。」        
                   
E 「薬品タンクに良く張ってあるやつですね。毒物と劇物ってありますよね?」    
                   
T 「はい、区分的には、マウス経口LD50で30mg/kg以下が毒物で、それ以上は劇物です。」  
                   
E 「マウス経口???」              
                   
T 「実験ラットに体重1kg当たりに、30mgの硫酸を飲まして、50%が死ぬ境界が、毒劇物の境です。」
                   
E 「ぎゃ、かわいそうに~~~ネズミの気も知らずにさらっと、言いましたね。」    
                   
T 「・・・・60%硫酸で、マウス経口50LDが2g/kgなので、劇物扱いです。」    
                   
E 「毒物の方が、より危険という事ですね。」          
                   
T 「そうですね。で、硫酸の場合は、10%以下では、医薬用外劇物でもなくなります。」  
                   
E 「へ~、表示義務もなくなるんですね。 他に、注意する事はありますか?」    
                   
T 「消防法では、60%以上の硫酸を、消火活動阻害物質としているので、届け出が必要です。」
                   
E 「ほ~ 消防検査で、薬品の配置や防液堤の構造を見ていく時がありますが、それなんですね。」
                   
T 「それと、経済産業省管轄で、化学管理物質指定というのがあって、PRTR制度に基づく有害物質の
    量的な把握管理が必要になってきています。」      
                   
E 「最近、地震や津波や、自然災害も多いですからね~。ちゃんと把握が必要ですよね。」  
                   
          - 次回へ続く可能性は無いです。  -  
                   

 

 
Page Top