水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2016年10月

 

水をつくる社員ブログ 2016年10月

2016.10.27

 

    水処理サロン その51          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  Y : 電気設計担当    42才            
                   
Y 「助けてくださ~い。」              
                   
T 「はい。水処理相談室です。どのようなご相談ですか?」        
                   
Y 「え? そんなの始めたんですか?」          
                   
T 「うそ、うそ、なんですか?」            
                   
Y 「今の現場で、SGPとSUSの配管継ぎ手を絶縁しなさいって言われてるんですけど・・・ 」  
                   
T 「異種金属絶縁ですね。実施例が社内ではあまりないし、絶縁しない事のトラブルもないですけど。」
                   
Y 「曝気槽のライザー管の接液配管がステンレスで、送気管はガス管なんです。」    
                   
T 「湿度の高い現場ですか?」            
                   
Y 「全地下構造の生物処理なんで、湿度高くて、結露多くて、絶縁悪くて、腐食多くて・・・・。」  
                   
T 「はいはい、解りました。まず、イオン化傾向の低い金属を貴金属といいます。」    
                   
Y 「プラチナや金ですね。反応しにくい材質ですよね。」        
                   
T 「そだね。で、その反対にイオン化傾向の大きな金属を卑金属といいます。」    
                   
Y 「卑金属?あまり、聞き慣れない言葉ですね?」        
                   
T 「配管に使われる材質を、傾向の少ない順に並べると、 プラチナ<金<SUS316<銀<  
    SUS304<青銅<黄銅<銅<錫<鉛<鋼・鋳鉄<ジュラルミン<アルミ<亜鉛」  
                   
Y 「金の配管ってあるんですか?」            
                   
T 「さっき出たから、並べただけです。で、このイオン化傾向の差が大きいと電位差が生じて  
    ガルバニック電流が流れます。」          
                   
Y 「ガルバニック電流って、あの、ガルバニ電池の事ですか?」      
                   
T 「まさしく、電池そのものです。で、この時、卑金属側がガルバニック腐食を起こします。」  
                   
Y 「で、どうすればいいんですか?」            
                   
T 「フランジ間は、パッキンで絶縁できているので、ボルトに絶縁ボルトを使うか、絶縁スリーブと
    絶縁ワッシャーを取り付けて下さい。」        
                   
Y 「それだけなんですね。よかった。」          
                   
T 「現実には、ステンレスのサポートと炭素鋼の配管では、サポート側が地絡しているので、  
    樹脂台座と絶縁被覆付きUボルトで固定しないといけないですね。」    
                   
Y 「ひ~。余計に、いらない事言わないで下さい~~ありがとございました~」    
                   
          - 次回へ続く可能性は無いです。  -  
                   

 

 
Page Top