水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2016年11月

 

水をつくる社員ブログ 2016年11月

2016.11.28

 

    水処理サロン その52          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  Y : 電気設計担当    42才            
                   
Y 「また、現場で困ってるんですけど、いいですか?」        
                   
T 「最近、がんばってるね。^^」            
                   
Y 「配管の保温筒なんですけど、40Aの25mm厚のグラスウールって、ないんですか?」  
                   
T 「昔あったんですが、規格が変わってなくなったようですよ・・・・」      
                   
Y 「でも、25Aや100Aはあるんですよ。」          
                   
T 「そうだね・・・水に強いロックウールなら、25mm厚みはあるようですよ。」    
                   
Y 「仕様書に25mm厚さのグラスウールって書いてあるんですけど・・・。」    
                   
T 「じゃあ、ないものは仕方ないから、ロックウールにすればどうですか?」    
                   
Y 「少し、高くなるじゃあないですか~?」          
                   
T 「じゃ、ちょっとプロに聞いてみようか?Kさーん。」 K 「はい、毎度~。」    
                   
Y 「社外の人って、関西人ばっかりですね。」          
                   
T 「・・・・単刀直入になんで、無くなったのか、教えて?」        
                   
K 「売れないからじゃないですか?」     T・Y 「 ほへ ?」    
                   
Y 「それだけなんですか?」            
                   
K 「そやね~、じゃあ、なんで保温するか、知ってますか?」        
                   
Y 「そりゃ凍らなくする為でしょう。」            
                   
K 「そうではないんです。どんな保温をしても、熱源を入れない限り、必ず凍ります。」  
                   
Y 「え~  と、思ったけど、そりゃそうですよね。」        
                   
K 「だから、「凍るまでの時間を引き延ばすため」 が、正解です。      
    例えば、水が止まった後、1時間で凍る20mm保温と6時間で凍る30mm保温の間の25mmが
    必要なのかと言う問題ですね。」          
                   
Y 「ほ~、なるほど。」              
                   
K 「だから、3種類の保温筒を2種類に減らした時に、中間の厚みの25mmを廃止したんでしょうね。」
                   
Y 「でも、配管口径25A以下は、今でも厚みは3種類ありますよ?」      
                   
「細管では通す液体が、水とは限らず薬品の場合も考えて、3種類残っていると思います。」  
                   
Y 「なるほど、なるほど。 Tさん、保温も結構おもしろいので、来月も続けましょうよ。」  
                   
T 「了解です。 - 次回へ続く可能性は高い。  -  としておきます。    
                   

 

 
Page Top