水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2017年12月

 

水をつくる社員ブログ 2017年12月

2017.12.20

 

    水処理サロン その56          
                   
  T : プラント設計担当   53才            
  Y : 電気設計担当    42才            
                   
T 「お久しぶりでございます。」            
                   
Y 「永い充電期間でしたね。どうしてたんですか?」        
                   
T 「まあ、充電と言うか。長期工事で、忙しかったんだけどね。」      
                   
Y 「どんな工事だったんですか?」            
                   
T 「え?説明長くなるよ。 結構難しい工事なんで・・・・」        
                   
Y 「はい、聞きますよ。 」            
                   
T 「ではまず、質問です。沈殿分離式活性汚泥処理を膜分離式活性汚泥処理に、改造するには
    どうすれば、いいでしょうか?」          
                   
Y 「過去に実績たくさんありますよね。膜分離槽が必要になるので、別置きに膜分離槽を設置して稼働し、
    馴養後に沈殿槽を曝気槽に改修するなり、汚泥保有量が増えるので散気強化したり
    するんじゃないですか?」          
                   
T 「まぁ、普通そうするよね?」            
                   
Y 「それ以外に何か方法あります?」          
                   
T 「沈殿槽に膜ユニットを沈めて、運転してるの。」        
                   
Y 「お~、それは凄いですね。  って、工事中は処理止めないと工事できませんよね?」  
                   
T 「だから、それを通常水量を処理しながら、水質保持しながら工事をしたのよ。」    
                   
Y 「そんなことが、できるんですか?」          
                   
T 「はい、出来ちゃったから出来るんです。ただ、実際の仮設処理は、現状の曝気槽の一部を  
    膜処理槽に使うんだから、それなりの仮設処理時の能力が既設装置にあるかどうかの
    判定が一番大切でしたね。」          
                   
Y 「それって、何から手を付けるんですか?」          
                   
T 「まずは、既設排水処理能力の中でも一番大事な、酸素供給量の測定です。」    
                   
Y 「ブロワー風量とか、散気装置の溶解効率とかですね。溶解効率も測定できるんですか?」  
                   
T 「過去ログに書いてなかったっけ。手間はかかるけど意外と簡単に計れるよ。」    
                   
Y 「ありましたっけ、覚えてないので、もう一度書きましょうよ。」      
                   
T 「そうですね。まあ、今回は実測測定値もあるので披露しちゃいましょうか。」    
                   
Y 「お~、太っ腹ですね~。でもそれで、うちの仕事減りませんか?」      
                   
T 「大丈夫。めんどくさい工事なので、もう、2度とやる気が無いので・・・」    
                   
Y (それで、いいのだろうか? 社長に言いつけてやろうか?・・・)      
                   
            - 次回へ続く  -    
                   

 

 
Page Top