水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2018年4月

 

水をつくる社員ブログ 2018年4月

2018.04.27

 

    水処理サロン その60
     
  T : プラント設計担当   53才
  A : 装置設計担当    43才
     
A 「5年前のSUSの散気管が腐食しましたよ。」
     
T 「え?俺?最近腐食ネタが多いね。」
     
A 「そう、あなた。はい散気管の写真をどうぞ。」
     
T 「各々の散気装置の間のループ管の上面が腐食で穴開いてるね。」
     
A 「程度の差はあれ、各散気装置間が全部痛んでますね。」
     
T 「共通しているのは、流速の遅い部分に集中してる事だね。」
     
A 「汚泥が堆積して、その部分が腐るなんてあるんでしょうか?」
     
T 「ここの原水が口に入ったことがあるんだけど、すごく苦くて渋いんです。」
     
A 「げろげろ。ここのBODかなり高かったですよ?」
     
T 「・・・で、成分的には芒硝=硫酸ナトリウムでした。それも%オーダーです。」
     
A 「ステンレスでは、もたないんですかね?」
     
T 「耐蝕表からは、問題ないです。それよりも、電解液なんで、電触っぽいですね。」
     
A 「これも電触なんですか?」
     
T 「電池型の電触は、異種金属間のガルバニック電触、塩濃度差による塩濃淡電触、酸素濃度差による
    通気性電触があります。」
     
A 「ガルバニック電触も塩濃淡電触も関係なさそうなので、通気性電触ですかね?」
     
T 「そうですね。散気管上面に流速があって酸素が有り、下面は汚泥体積で絶対嫌気状態としたら、
    上面部分は、カソード極なので還元して、金属が電離腐食する可能性があります。」
     
A 「材質をSUS316に交換しても効果は無いですか?」
     
T 「耐蝕表では、硫酸根に対しての耐蝕差はありませんでしたね。亜硫酸根にはSUS304のほうが
    弱いみたいですが・・・」
     
A 「この場合、成分や濃度よりも、強い電解性の環境中であることの方が問題なんですね。」
     
T 「う~ん、そうでしょうね。あまり、知見は無いんで答えにくいけど、金属は無理かも知れませんね。」
     
A 「じゃあ、今回どうすれば、いいんですか?」
     
T 「・・・・・塩ビが正解じゃない?水温ひどく高いし、HTに交換したらどうですか?」
     
A 「じゃあ、水替えも含めて、見積と施工要領作って下さいね。-キッパリ-」
     
T 「それではまた~~~。」
     
                           -次回には続きません。キッパリ-
     

 

 
Page Top