水をつくる 社員ブログ

HOME  パンくずリスト 水をつくる 社員ブログ  パンくずリスト 2018年5月

 

水をつくる社員ブログ 2018年5月

2018.05.24

 

    水処理サロン その61
     
  T : プラント設計担当   53才
  E : 営業担当    42才
     
E 「トラブルではないんですが、聞いてくれます。」
     
T 「ん?また腐食系ですか?最近そればっか。」
     
E 「リアルで起きてるんだから、しかたないでしょ。」
     
T 「そだね。はい、聞きましょう。」
     
E 「客先から、塩酸35%用のFRPタンクの見積依頼が来たんですが・・・」
     
T 「タンクメーカーが塩酸用では、お売りできません・・・・と、言われた。」
     
E 「はい、そうです。」
     
T 「ネットで調べれば、事故報告や、劣化報告が出てくるよ。」
     
E 「聞いたことあります。死亡事故ですよね。」
     
T 「その事故起きた時にね、ちょうどFRP製の苛性ソーダタンクの天板に、計量槽を設置する工事を
    していて、さんざん、もめましたよ。」
     
E 「それで、どうしたんですか?」
     
T 「事故は塩酸タンクなので、苛性ソーダでは大丈夫です・・・と、言ったんですが・・・」
     
E 「凄い~。原因解っていたんですか?」
     
T 「いや、全然。・・・でも、結局認められず、天板に荷重が掛からないよう門型の柱を建てました。」
     
E 「それって、結果としては、賢明な判断ですね。」
     
T 「まあ、そうだね。で、後にその事故が起きた実際のタンクのサンプル片の調査で、完全に原因と
    経過が解明された報告書が出されました。」
     
E 「読みましたよ。塩酸で痛むのでは無く、塩化水素ガスでFRPのカルシウムが抜けて、塩素が替わりに
    増えるって、書いてました。」
     
T 「それで、ガラスが侵されて、FRPが剥離していき、薄くなって強度が無くなるようですね。」
     
E 「原因がガスなので、側板や底板ではなく天板が痛むので、事故が起きると言うことですね。」
     
T 「紫外線によるFRP表面の脆化は、そのサンプルでは全く問題は無かったんですが、天板厚みの
    内面から半分以上が変質剥離して、強度は新品の20%まで低下していたらしいです。」
     
E 「それじゃ、持たないですね~。う~、恐ろしや~。」
     
T 「だから、今後は引き合いのあった時点で、客先に説明した上で、お断りしてポリエチレンタンクを
    お薦めしましょう。」
     
E 「了解しました。・・・シンミリ・・・」
     
                                                    -次回には続きません。-
     

 

 
Page Top